COMPANY

「ものつくりのプライドと使い手の満足度を支えに」

かつてはブナの木も近隣の山に豊富にあったことから1955年この地で資材工場からスタート。
1973年にプレス機の譲渡購入をきっかけに成形合板家具作りを始めました。

特に木工の盛んな地域というわけではなく、周囲に成形合板の工場はもとより、それどころか家具工場は1件だけ。
仕事を通して学ばせてもらいながら、競争が激しい成型合板の分野で今日まで続けてこられたのは海外品に負けない製品を作る、
お客様に満足してもらう製品、なにより間違いのない製品を作るという姿勢と自負。

ただひたすら製品の完成度を求めて、奇をてらわず、工程1つ1つを真面目に行い、品質を追求することを、ブランドを持たない時代からずっと行ってまいりました。
これからも基本は変えず、新たな表現を身に着け、御客様に喜んでもらえる、満足度を追求した製品づくりをしていきたいと思います。

モノづくりの現場

私達の工場は北海道の津軽海峡に面している道南地域にあります。
本州からは2016年3月開通した北海道新幹線で青函トンネルをくぐりぬけ、北海道側へ出て最初に右手に見えてくるのが齋藤製作所の工場です。
そばには隣町との堺、大千軒岳があり、さわやかな夏の気候、足早にやってくる一面の紅葉の秋、そして12月~3月は完全に雪に覆われてしまい、狭いところは建物と建物の隙間が埋るほどの積雪がある山里に齋藤製作所はあります。

モノづくりの現場

会社概要

社 名
株式会社齋藤製作所(SAITOH SEISAKUSHO CO.,LTD.)
創業設立
1955年(昭和30年)2月1日
[本社・工場] 所在地
〒049-1221 北海道上磯郡知内町字湯の里76番地
[本社・工場] 電話番号
TEL 01392-6-2321 / FAX 01392-6-2469
[saitoss事業部] 所在地
〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-6-19-106
[saitoss事業部] 電話番号
TEL 03-6421-7602 / FAX 03-6421-7603
E-mail
saito-ss@saito-fac.co.jp
URL
http:/www.saitoss.net
代表者
代表取締役会長 齊藤 毅 / 代表取締役社長 中山 毅
資本金
3,900万円
従業員
44人
事業内容
成型合板家具・集成材家具・各種木工品・木製ベッドフレーム製造加工
 
  

沿革

 
1955
現在の北海道上磯郡知内町字湯の里の地に斉藤製材(株)設立
1957
ロータリーレースを導入。 ブナ単板製造を開始
1973
成型合板加工を開始する
1976
斉藤成型合板(株)設立(~2010年)
1983
株式会社齋藤製作所と社名変更
1986
5軸制御NCルーターを導入、以後増設を続け拡充する
2000
国内広葉樹としては少量ながらカバ材があり利用開発を始める
2016
オリジナルブランド"saitoss"を立ち上げる

主要設備

 
工場敷地
9,800坪
横ベルト
6台
工場建坪
2,240坪
縦軸
2台
NCルーター
8台
多軸ボーリングマシン
4台
プレス 合計
48台
リップソー
4台
L型プレス
8台
帯鋸
3台
高周波
15台
ルーターマシン
3台
TCPプレス
7台
万能丸鋸盤
2台
コールドプレス
3台
ベニヤギロチン
2台
K-300プレス
4台
6軸モルダー
1台
10段用プレス
1台
柄取盤
1台
四つ切プレス
2台
万能卓上帯鋸盤
4台
100tプレス
1台
万能施盤
1台
多方角プレス
3台
ジャンピングクロスカットソー
1台
その他プレス機械
11台
楕円ホゾ穴加工機
1台
多軸ボール盤
11台
その他木材加工機械
65台
一軸ボール盤
9台
成型型
400
組立機
6台
フォークリフト
6台
ワイドベルトサンダー
4台
重油ボイラ
1台
ナライ面取機
2台
木屑ボイラ
1台
精密横切盤
6台
塗装ライン
4ライン
Page top